むし歯の治療

むし歯の治療には、色々な方法がありますが、
まず充填治療として、光重合レジン充填があります。
これは、むし歯がまだ浅く欠損の小さい場合に行う治療で、
光を当てると固まるレジンにより修復していきます。

むし歯が歯の2面以上に拡大した場合は、
インレーと言って金属の詰め物をします。
型をとって金属の詰め物を作ります。

むし歯の範囲が広く、歯質の崩壊が著しい時には
歯冠修復治療を行います。
その際クラウンを使用します。
これは、歯を削って全体にかぶせる形態の金属冠のことで、
歯髄がある場合は麻酔をして形成していきます。

そして欠損が大きい場合は、根管治療を行います。
これは、歯髄が冒されたときに行う治療のことで、
この治療法には、抜髄と感染根管治療があります。
歯の神経の治療が必要なケースは、
生きている歯の神経の中に虫歯菌が侵入して
神経が炎症を起こしている場合と、
既に歯の神経が何らかの原因で死んでしまっている場合です。

むし歯の穴が大きく、神経の治療をした後は
歯の強度はかなり低下します。
そのまま放置すると亀裂が起きるので、
それを防ぐために被せる必要があります。

神経の治療を行った場合、
土台を被せる前に作る必要があり、
臼歯は銀歯のみとなります。