噛み合わせ治療

噛み合わせ治療というのは、咬合状態の維持を図るためにする治療行為で
発育途中の若年者に施す場合は、健全な身体的精神的発育ができるよう配慮します。
また、成熟期にある人に噛み合わせ治療を行う場合は、
咬合の維持と保全を図ります。
噛み合わせが前後左右にズレている場合、
正しく是正するため、顎関節の機能を修復したり
筋肉の保全につとめたりします。

噛み合わせ治療と一口に言っても
様々な事を考慮して臨まなければなりません。
噛み合わせ治療をすると
これまで治らなかったような身体の症状が改善されることがあります
例えば、肩こり・背中の痛み・首、背中の痛み
神経痛・関節痛・筋肉の緊張性頭痛・神経興奮性頭痛・
腰痛・椎間板ヘルニア、自律神経失調症などです。
また、便秘や胃腸障害・胃潰瘍・近視・乱視・
耳鳴りなどが改善するケースもあります。

こうして見ると、歯の噛み合わせというのは
いかに身体に重要な意味を持っているかがよくわかります

食べ物を咀嚼するには上下の歯が噛み合う必要があります。
歯の位置が異常な状態で長期間咬むことになると
顎は位置を変え、歪みを生じます。
その歪みはやがて筋肉に伝わり、首や肩
耳などに影響を及ぼし、異常を引き起こすのです。