ブリッジ治療の効能

ブリッジ治療をすると、自然な口元になることができます。
しかも比較的短期間でできます。
歯が抜けてしまった場合、
両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しするようにして
人工の歯を入れて欠損部分を回復するのが、ブリッジ治療です。
見た目がかけ橋を架けるのに似ているのでブリッジと呼んでいます。

ブリッジ治療の効能は、見た目、機能的な回復共に良好であるところです。
また、保険が利くので安価で済みます。
ブリッジ治療は、健康な歯を支柱にして、
歯のない部分にブリッジをかけて固定するので
部分入れ歯よりも安定するという効能があり、咬む力も比較的回復します。
また、固定式なので違和感が少なく、保険が適用されるのは大きなメリットです。
ただ、ブリッジを固定するので両隣の歯を削る必要があり、
支えとなる歯には負担がかかります。

また、歯肉との間に食べ物カスがつまりやすいので、
口の中がどうしても不衛生になりやすいのは否めません。
ブリッジが適用出来ない場合、保険では部分入れ歯
保険外ではインプラントを利用するのが一般的な流れになります。