インプラント治療

インプラント治療というのは
歯が抜けてしまったところの骨にネジを埋め込み、
そのネジを土台として人工の歯を装着していく治療法のことです。
インプラント治療をする場合は施術前に
治療に適合する状態であるかどうかを細かくチェックします。

どれだけの歯がないのか、また今ある歯がどんな状態なのか
そして骨格や骨の硬さ・大きさ・かみ合わせなどをきちんと確認します。
レントゲンやCTスキャンなどで口腔環境や骨格を確認し
治療方針を決定していきます。

具体的には、人工歯根を歯茎の中に埋め込み
骨肉と人工歯根が結合するのを待ち
連結部分を着けて人工歯をかぶせる
という3つのプロセスを踏みながら治療していまきす。
定着するには2~6ヶ月の期間が必要になるので、
トータルの治療期間としては、3~10ヶ月ほどかかることになります。

近年、インプラント治療が高く評価されているのは
ブリッジのように健康な歯を削る必要がないからです。
また見た目が良く、咀嚼能率が非常に高いです。
天然歯の約80%と言われています。
違和感も少なく自分の歯と同じような感覚で物を食べることができます