歯周病について

歯周病になると歯を支える骨や歯茎が痩せ衰えていきます。
歯茎が炎症を起こしたり、腫れたり、出血したりします。
歯肉炎が進行すると、歯を支える骨が溶けた状態になって歯周炎になります。

歯垢の中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、
周りの組織を破壊していく細菌感染症が歯周病です。
痛みなどの自覚症状がなく進行し症状が進行すると
歯を支える骨を溶かし、やがて歯が抜けてしまいます。

歯周病の主な原因は細菌で、歯茎や骨に感染を起こしていくことで発症します。
歯周病原性細菌は、口の中に存在する細菌なので
常に歯周病を引き起こそうとしています。

人間には免疫力があるので免疫力が優勢であれば歯周病は引き起こされませんが、
免疫力よりも歯周病原性細菌が優位となった時、歯周病は進行します。
歯周病原性細菌は、歯につく食べカスが大好きで、
いわゆる歯垢が細菌の餌になります。
食べた細菌はどんどん増殖し、歯垢を食べた細菌は
歯周病を引きこす毒素を出します。
そして毒素が歯茎まで感染すると歯茎か出血し、
腫れたり、膿が出るようになります。

歯周病は不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせなどで起こりますが、
喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などでも起こります。