知覚過敏治療

知覚過敏は年を取って歯茎が痩せてくるとよく起こります。
また、歯の表面を綺麗にするための歯磨剤で
長期間大量に歯磨き粉を付けて歯磨きすると
エナメル質を傷つけ、知覚過敏になることがあります。

歯の表面部分のエナメル質が傷つくと削れることで象牙質が露出し、
象牙質に刺激が加わり、歯がしみることになります。
知覚過敏の原因は、エナメル質が傷ついて削れた結果、
象牙質が露出してしまうことで起こります。

知覚過敏治療としては、まず症状が軽い場合は
歯磨き粉の使用だけで改善するケースがあります。
1~2週間ほど知覚過敏用歯磨き粉を使用すれば、効果が得られます。

露出した象牙質を薬で覆うことでも改善されます。
薬の塗布により外部からの刺激を遮断し、
歯がしみる症状を抑えることができます。

知覚過敏治療でよく使用される薬にフッ化物が配合された薬があります。
また薬ではなく象牙質をカバーするコーティング材を使用するケースもあります。

知覚過敏の最大の原因は【歯ぎしり】と言われています。

歯ぎしりが原因で知覚過敏になっている人は
歯ぎしりを治すため、マウスピースを使用する必要があります。